外貨預金のデメリットって?

外貨預金の魅力と言えば、円預金と比べて高い金利と為替差益にあります。

為替相場は毎日動いていますので、差益を得ることは当然ですが、逆に言えば、差損が生じるデメリットがあります。

外貨預金を始めるにあたり、デメリットを回避しようと思ったら、まずは為替相場動向を知ることが大切です。

FX有名になってきたお陰もあり、外貨のチャートなどの動きを簡単に見ることができるようになりました。

また、将来の為替レートを予測し、最適なタイミングで預け入れることもできるようになりました。

但し、毎日為替を見るのは大変です。

そのため、急激な為替変動が生じてしまい、大きくレートが下がった場合には、自分が思っている以上の差損が生じてしまう場合があります。

また、金利そのものも一定ではありません。

景気動向や経済状況に合わせて変化しますので、当然金利が下がることもあります。

場合によっては、円預金と同じように、ゼロ金利に近い状態になる場合もあります。

そのため、外貨を扱う商品には、どれも為替リスクがあることを理解しておきましょう。

外貨預金は、元本割れ程度で済みますが、FXやCFDなどの他の投機商品になると、元本が全てなくなってしまう恐れもあります。

為替リスクというデメリットを含む外貨預金ですが、比較的被害は少ない金融商品と言えます。

ページのトップへ戻る