一目均衡表とは?

一目均衡表とは株式市場の動向を分析する上で役立つチャートの分析法のひとつです。

これは1936年に考案された指標で、細田悟一氏によって考案されました。

この人のペンネームだった一目山人(いちもくさんじん)から一目均衡表という名称がつけられました。

株式投資にはさまざまなテクニカル指標が存在していますが、日本人が考案したものはこの一目均衡表のみとなっています。

この一目均衡表には非常に多彩なラインが表示されています。

はじめて見た人にとっては、どのラインが何を指しているのかよくわからないものです。

このラインは大きく4種類にわけられます。

まず基準線。

過去26日間の最安値と最高値を足して2で割ったものです。

このラインによって相場の動向を示すことになります。

それから転換線。

こちらは過去9日間の最安値と最高値を足して2で割ったものです。

より短期間のラインでトレンドの転換などを示す指標となります。

それから先行スパン1と2。

1は基準線と転換線を足して2で割ったもの、2は過去52日間の最安値と最高値を足して2で割ったものです。

これが一目均衡表のもっともユニークな点と言われており、この数値は当日ではなく26日分先行させた形で表示させることになります。

逆に26日間遅らせて表示させたものが遅行スパン。

当日の終値を26日前に表示させたものとなります。

26日前に比べて株価がどうなったのかをチェックする役割を果たします。

これらの指標を通して相場の変動要因を分析し、投資に活かしていくわけです。

本格的に株式投資を行おうと思っている人は見方を覚えるとよいかもしれません。

ページのトップへ戻る