値洗いとは?

値洗いとは、先物取引における建玉について、清算値段により日々評価替えを行うことです。

これをすることによって、相場の変動に際しても、決済の履行を確実にすることができるようになります。

ちなみに値洗いは、清算参加者と清算機関である日本クリアリング機構を通じて授受する方法で行われています。

株で大きな損失を出してしまった時、大きな利益が出た時、そのどちらであるにも関わらず、口座に反映することが値洗いです。

現物の株なら、大きな変動があったとしても、その後で元に戻る可能性があります。

しかしそれを口座に反映すると、目に見えてお金の動きがわかるようになります。

これが値洗い方式のメリットの1つです。

通常の株式では、売買しなければ金銭的な価値は確定しません。

しかし日経225先物取引では、損益に関わらず値洗いをします。

口座を開設する時に説明されることですが、その時に話半分で聞き流してしまい、よく分からないままはじめてしまう人もいるので注意してください。

知っているのと知らないのとでは、大きな違いがあります。

曖昧な知識を持ったままで稼げるほど、甘いものではありません。

値洗いは、決済時の計算を分かりやすくして、決済不能のリスクを未然に防ぐことができます。

値洗い自体は、色々な所で出てくるものです。

その時に、いったいどういう理由でこんなことをしなければいけないのかわからなく、そのまま流されてしまうことだけはしないようにしましょう。

ページのトップへ戻る