精神保健福祉士資格取得方法

精神保健福祉士の資格は厚生労働省管轄の国家資格です。

精神障害者の社会復帰のために相談に応じたり、精神保健福祉施設等に入所あるいは病院に入院していた方の社会復帰などに向けての手伝いをする職務に就きます。

精神科などがある医療機関や社会復帰のための施設・保健などの公的機関や精神障害者授産施設などで仕事をすることができます。

精神保健福祉士の資格を取得するためには、国家試験に合格後、資格登録をすることによって精神保健福祉士になる事ができます。

精神保健福祉士の受験資格を得るためには、まずは保健福祉系の大学や精神保険福祉士の資格を養成する学校(4年制専修学校)で履修・卒業をしなければなりません。

また、社会福祉士が規定の期間、精神保健福祉士としての必要な知識や技能を習得した場合でも受験資格が与えられます。

このほかにも大学や専修学校などで福祉関係の勉強を行い卒業した場合でも、精神保健福祉士短期養成施設で勉強をすることでも受験資格が与えられます、このほかにも短大卒・高等専門学校卒業者で2年以上相談援助業務を行い、精神保健福祉士一般養成施設で1年以上履修された方など細かな条件がありますので厚生労働省のサイトなどで確認されてください。

精神保健福祉士になるには、まずは福祉関係を学ぶことができる大学に入学することが先決でしょう。

もし介護福祉士などを目指している途中で精神保健福祉士を目指そうと考えた時でも、ほんのちょっとの回り道で取得できる資格ですので、まずは介護福祉士の資格を取得しておくことをお勧めします。

ページのトップへ戻る